「ここは僕の日本旅行の原点だから」2年ぶりのお帰りなさい

こんにちは。
ヨシ(@osakamidoriya)です。

中国ゲストのシュウさんが何と2年ぶりに緑家に帰って来てくれました。

開業後3年半が過ぎ、嬉しい事に1〜2年ぶりに「緑家に帰って来たよ!!」と言ってくれるゲストさんが少しづつ増えて来ています。

そして何の前触れも無く突然やって来てくれたシュウさん。

2年ぶりにしてはと・と・突然やね。笑

「今回は2年前にお勧めしてくれたところに行こうかと思っています!!」

と、茶目っ気たっぷりで言ってくれるのですが記憶が曖昧でどこを勧めたのかは定かでは無いのですが・・・(高野山を猛烈にプッシュした記憶だけはうっすら残ってるんですよね)。

宿主の曖昧な記憶とは反対に、2年前のやりとりと緑家の事を覚えていてくれてるなんて嬉しいな。

何とこの2年間で5回も日本旅行に来ているシュウさん。超がつくほどの日本リピーターさんになっていました。

5回に分けて九州から徐々に東へと進み、昨夜の徳島から大阪へとたどり着き遂に、帰って来てくれたのです。

2年間で訪れた沢山の場所や思い出話しを聞かせ貰いながら、緑家を思い出してくれた事が嬉しくて

「本当に有難うね」って伝えるとシュウさん

「だって緑家は僕の日本旅行の原点だから」

なんて嬉しい事を言ってくれて。ジーンと来ました。

最近、めっきりこういう言葉に涙腺が弱くなってしまいました。

ほんまに泣かさんといて下さい・・。

▼そして翌朝

朝ごはんを食べながら本日の作戦会議。

本日の行き先は・・どこにしようか。

北へ向かうか南へ向かうかを、昨夜から迷っているシュウさん。

楽しいですよね、旅の途中で行き先を考えている時間って。

2年ぶりの登場が当日予約というほど、先の予定は決めずその日その日の気分に任せて行き先を決める。

自由な旅が好きなんですね。

その自由さに、昨日はめっちゃビックリだったけど凄く嬉しかったよ。

▼最後に

こうやって何年かぶりに来てくれるゲストさん達。実は、意外に前回の滞在が一晩だけなんていうケースがあったりします。

滞在期間が長ければ、それだけ親しくなるチャンスがあるわけです。事実そのケースは凄く多いです。

でも、たった一晩でも心に残る思い出になる事もあるわけで、時にほとんど会話をする機会が無かったゲストさんが後日、ベタ褒めの口コミを書いてくれたり。

そんな経験を少しづつ重ね気が付いた事は、ここで過ごす日々は僕たちにとっては “毎日のこと” でもゲストさん達にとっては “大切な1日” という当たり前の事です。

どんな仕事でもそうですが、慣れてくるとこの辺のところがついつい疎かになる時があります。以前、お世話になった会社でもそれで失敗をした苦い経験があります。

当たり前の事を丁寧に日々繰り返す。簡単なようで案外難しい事だったりします。

最後は少し硬い話しになりましたが、本当に日々学びです。

シュウさん本当に有難うね。一路平安。

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!!
 

大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

あなたにとっての「ただいま」が言える場所に
地域の住人になった気分を味わう
そんなあなただけの大阪を見つけるお手伝いが出来れば嬉しく思います

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

ご予約・空室確認はコチラ

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA