【ペライチ】で作成したコスプレ撮影のランディングページを添削依頼してみた

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

勇ましい言葉をブログやSNSなどで発信するだけではなく「実際の行動が伴う発信」を意識するように心がけ始めたここ最近。
僕もそうなのですが人は時折り、理想や夢を語りたくなる時があります。
それはとても大切な事なのですが、どんなに熱く語りあっても最終的に行動に移さなければそれらは全て無かった事になります。

何故、急にこのようなテーマで書き出したのかというと
先ほど、ペライチで製作したランディングページの添削を申し込んだため。
(ペライチって何よ?って方は検索してみてください)

添削を申し込んだランディングページは→こちら

簡単に説明すると、ペライチはプログラムなどの専門知識が無くてもウェブページが作成出来るサービス。
因みに、ゲストハウス緑家のウェブサイトは、ワードプレスで作成(友人に作って貰った)。

両者の違いなどについては、ご自身でお調べ頂くとして本日僕がお伝えしたいのは「今までの僕だったら、しなかった添削を申し込んだ」事。

では、今までの僕は何故申し込まなかったのか。

それは、自分を否定されるのがいやだったから。これに尽きます。
それ以外の理由が無いです。

人は経験を積み重ねる事で、自分の「型」が出来上がっていきます。
それ自体は、尊重されるべきだと思います。だって、経験に裏打ちされた「型」は理想論よりも現実味がありますから。

が一方で、経験に囚われると変化への対応が遅れがちになるのもまた事実。
今の日本にはそのような会社が多いのかもです(自分への自戒を込めて申し上げます)。

で、それなりに時間をかけリサーチを行い作ったランディングページ。

実際、サイト構成の為の準備。掲載する写真の入手・撮影、文章の作成などなど。手間暇をかけました。

(事前準備に時間はかけたものの、実際のサイト構築作業にはそれほど時間はかかっていない)

で、手間暇をかけたランディングページにダメを出しされるのって辛いです。

でも、そもそもこのページを作った目的は、困っている人へ(もしくは僕たちの提供可能なサービスを探している方々へ)情報を届ける為であって、僕たちのプライドや満足感を守る為では無いです。
無論、仕事(ゲストハウス業)へのこだわりは、僕なりにありますし大切にしているのですが、そもそも本来の目的を見失ってはいけない。

商売とは、他人様のお役に立ってこそ。
自分の満足感の為では無い。

一部には、それらが両立可能な人もおられるのでしょうが、残念ながら僕はそれほど器用ではありません。

と、そんな当たり前の事に最近、ようやく気がつき本日行動に移したわけです。

こだわりは持ちつつも、柔軟な心も忘れない。
大切にしたいですね。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA