人の記憶の仕組みの面白さ “ゲストさんの寝癖を見て3年前を思い出す”

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

とかく情報が多い毎日を過ごす現代人の僕たち。
日々の生活で多くの情報にふれ、その中から必要な情報だけを脳に記憶させ、不要なものはとっとと忘れる、を繰り返す日々。

最近の僕は前日のお昼に何を食べたかも忘れる程、記憶に残る情報が減っているのを実感しています。
かと思うと、不思議と何故か記憶に残っている瞬間があったりするから人って不思議です。

そんな、僕だけかもしれない、記憶の不思議さを感じさせてくれたゲストさん。

2017年6月に宿泊してくれたWilliam。

 

この投稿をInstagramで見る

 

guest_midoriya(Osaka Midoriya)(@guest_midoriya)がシェアした投稿

物静かな青年で、正直に言うとあまり彼の事は覚えていなかったのです。
ゴメンWilliam!!

で、2年半ぶりにゲストハウス緑家に友人と一緒に泊まりに来てくれた彼。
有り難うWilliam!!

2年半後のWilliam

可愛らしい友達と一緒でご機嫌な彼。

で、僕の2年半前の記憶を一瞬で甦らせたのが彼の寝癖。笑

わかります? 彼の後頭部からぴょこんと跳ね上がっている可愛い寝癖が。

で、もう一度最初のWilliamの画像を見てやってください。
ね。前回よりも髪の毛がやや長めではありますが、右側に寝癖がつく彼のクセは2年半前のまま。

「ホンマに覚えてたんかよ!!」ってツッコミが聞こえて来そうですが、玄関を開けて彼の顔を見た瞬間。
そして2年半前と変わらない寝癖を見た瞬間。

(むむむむ・・・・ひょっとしたら前に泊まってるんちゃうか!!) ←と思い出すまで、この間3秒ほど

どうやらWilliamも僕が覚えているとは思っていなかった(それは彼と友人との会話からもなーんとなく分かった)ようで、みんな僕の記憶力に驚いていたんだけど、何を隠そう僕自信が一番驚いてました。昨日の昼飯も思い出せない程度の記憶力なのに。

ほんと、人の記憶の仕組みって不思議ですよね。よく、香りや食べ物、或いは音楽で昔の記憶が急に甦るってのは僕もあるし、それは何となくですが仕組みとして理解出来なくもないのですが、寝癖で思い出すってのは初めての経験。笑

そして、日頃は物事を忘れっぽくなっている僕でも、意外と覚えていたりするもんなんですね。
忘れていると思っている事も、記憶の奥底のどこかにちゃんと残っていたり。

きっと皆さんも少し自信を持って良いと思いますよ。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA