何気ない日常に感じる小さな幸せ

こんにちは。
ヨシ(@osakamidoriya)です。

今年の12月は例年に比べると随分と暇な日が多いんですが、そんな日に限りリピーターゲストさんが泊まりに来てくれたりと、不思議な巡り合わせが続いておりました。

勿論、そのツィートを見たわけでも何でも無く、リピーターのかずみ君とかなちゃんご夫妻のお二人が泊まりに来てくれた昨夜。

そういえば、前回は一緒に太陽の塔に遊びに行った時やったですね。

やや顔が険しく見えるのは、強風と寒さのせい。怒ってるわけではないんですよ。むしろご機嫌。笑

昨夜は4人で鍋を頂いておりました。

他の連泊ゲストさんたちは「今晩は帰って来るのが遅くなるから」と聞いていたり、別のゲストさん達は原稿書き上げ合宿の為の宿泊だったので「部屋に篭りますね」となり、4人でのんびりと鍋を囲むことに。

実は、当初は先週の土曜日の宿泊で問い合わせをくれていたかなちゃん。
が、先週の土曜日は石田ゆうすけさんのイベントがあった日。

イベント用のお席はその時点では余裕があり、ドミトリーも空いてるので宿泊は可能だったのですが「今回は、久しぶりにお二人とゆっくり話しがしたいので・・」と日程を1週間ずらしてくれたのです。

何とも嬉しい言葉。

自分たちが「凄いでしょ」とかそういう自慢をしたいとか、全くそんなことでは無くて。

「2人に会いに来る為にここに帰って来た」そんな言葉を頂く回数が今年に入って少しづつですが、でも以前と比較すると確実に増えて来ている。

そんな気がするんです。
本当に本当にありがたいことです。

で、これは一体何でなのかなーとふと想い

冒頭のツィートを先日に呟いたわけです。

僕たち自身、分析だとか小難しいことはよく分からないんですが、ゲストさんたちからそう言って貰える。「それだけで最高やんか」と思うことにしています。

なので、のんびりと鍋を食べながら、互いの最近起きた出来事や、ちょっとしたストレス発散トークをしたりと。

特別なことは何もないけれど穏やかで心地のよい時間。
よくご飯を一緒に食べる友人と過ごすような時間。そんな感覚かな。

食後は、フルーツポマンダーを作ったり

女将も一緒にポマンダー作り。前回はレモンで二つ目の今回はオレンジで。

その後は、謎のお絵かきタイムが始まったりと。
女将の「絵心が欲しい」という痛切で切実な一言に一同爆笑。

誰がどの絵を書いたのかは秘密でーす。

そして、今朝の出発前に。昨夜、2人で作ったポマンダーと一緒に。

皆んな、朝から穏やかでええ顔よ。
気がつけば、今年も残り僅か。
バタバタと気忙しい日々が続きますが、1人でも多くの方が笑顔で過ごせますように。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

*************************************

大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

大阪市城東区東中浜6-9-6
↑↑↑
スマーフォンから住所をタップすると
Googleマップが開きます

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA