僕たちにとって大切な宝もの

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

本日は昨日のブログで少し触れたリピーターゲストさんの事を。
画像中央でピースサインをしている彼女がソフィア。

オーストリアの大学で日本語を勉強中のソフィア。
初めての一人旅でいきなり日本へとやって来てゲストハウス緑家へとやって来たのが2017年の夏でした。
その時に撮った写真が上記のもの。

ちなみにこの写真に写っているゲストさんはリピーターゲストさんと(ソフィアのように)後にリピーターゲストとなり、今では何と全員がリピーターゲストさん。僕たちにとって、ちょっとした奇跡のような記念すべき写真なのです。

皆んなこの時は、後にホームページに使用する写真になるとは想像もしていなかったし、後々にお互いが仲良しになるなんて思いもよらなかった。そんなチェックアウト時の風景だったのです。

右端のお二人は、翌年ソフィアを訪ねオーストリア旅行にまで行く事となったと聞いてさらにビックリ。

いやーほんと人と人のご縁って不思議な糸で繋がっているんです。

そして、ソフィアが緑家に泊まりに来てくれるきっかけとなったのが彼。
リピーターゲストさんの安寿さん。

日光のゲストハウスで出会った、ソフィアと安寿さん。
そこで、大阪に行くのならと緑家をオススメしてくれたのです。
で、その時の様子がこちら。

これが、冒頭の写真の1〜2週間ほど前の出来事。
そして、日本に来る時は必ず緑家を訪れてくれるようになったソフィア。

いつかの時のソフィアと妻の写真。何だか家族のような少し年の離れた姉妹のような不思議な関係の二人。

いつの日か「日本で日本語の勉強がしたい」と事あるごとに言っていた彼女。
ついにその目標を果たす事となり、昨年より東京の大学で日本語を学ぶ為日本にやって来ました。

そんな勉強に忙しい中、わざわざ僕たちに会う為に、緑家に帰って来てくれたソフィア。
その日は連泊ゲストさんたちが戻ってくるのが遅くなりそうだったこともあり、彼女と妻と3人でいつもお世話になっている近所のすえひろさんへと。
モツ鍋を前にご機嫌な3人。実を言うとその前にもたらふく美味しいものを食べていたのに、モツ鍋で締める事となった食いしん坊な3人。

僕たちが旅の途中で、現地の人たちから頂いた親切や優しさを、今旅する人たちにお返しがしたい。
そして、緑家が誰かにとって帰りたくなる場所でありたい。ただいまと言える場所にしたい。

そんな僕たちのささやかな願いをソフィアがかなえてくれたわけ。
勿論、彼女以外の沢山のリピーターさんたちや緑家に泊まってくれた「多くの方々」の支えでここまでやって来れました。
(皆さんではなく、敢えて「多くの方々」と書いたのは、少数ながらも出入り禁止にした人物がいる為です。)

ゲストハウス緑家と僕たちへの皆さんからの想い。

これは本当にありがたいことです。僕たちにとって何者にも変える事が出来ない大切な宝です。

何とも感慨深く、やや感傷的になってしまった夜でした。たまにはこんな夜があっても良いですよね。
では、皆さんおやすみなさい。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA