時には直感や情熱に従って走り出してもいいんじゃない

こんにちは。
ヨシ(@osakamidoriya)です。

これぞ「鉄は熱いうちに打て」や「思い立ったが吉日」。
この言葉を地で行くようなメッセージを朝から送って来てくれた僕の友人↓↓
そう、旅仲間のじゅん君です。

じゅん君と僕たちのあまりにも無邪気だった旅の日々は→こちら
(マラウィ湖ダイビング部結成!!より)

今ではお互い年を重ねておじさんになりつつありますが、よくよく思い返せばじゅん君の行動力と決断力は昔からそうでした。

彼は、石田ゆうすけさん(以下、ゆうさん)のデビュー作「行かずに死ねるか!世界9万5000km自転車ひとり旅」の中で第4章・アフリカに登場する「ジュン」。

表紙の写真はジュン君が撮った写真!!

ゆうさんとナミビアの砂漠で過ごした大晦日パーティーで「俺も自転車買う!」とノリで決断し、見事1500kmを走破してしまう行動力の持ち主。

因みに、この大晦日パーティーの約1週間後、ナミビアのキャンプ場で僕はジュン君と偶然の再会を果たし、このキャンプ場が僕とゆうさんが出会うきっかけとなったわけです。

あの頃と比べ、お互いに少しお腹がふくよかになりましたが何かにチャレンジする熱いハートは忘れていなかったようです。

多くの若者がゆうさんのデビュー作に勇気づけられ自転車に跨ったように、ジュン君もまた僕のブログをきっかけにマラソンにチャレンジすることに。素直に嬉しいですね。

自分の経験や思いを日々、好き勝手に発信していただけなのに、それが誰かのお役に立っていた。繰り返しになりますが本当に嬉しいです。

僕にも、かつて長旅をしていた時に影響を受けた・勇気を貰った本や出会いが沢山有ります。それって、少なからず多くの方にも似たような経験があるんじゃないでしょうか。

最近ならラグビーの日本代表から日本中が大いに勇気をもらいましたよね。

自分が受けた刺激を何かの形に表す(行動に移す)って本当に大切やなぁと僕もまた改めて感じています。

インプット(勇気を貰う)だけではなく、それをアウトプット(行動に移す)する。

慎重さも大切ですが、特に若い時は勢いで自分の直感や情熱に従って走り出してもいいんじゃないかと。

ふと昔、旅に夢中になっていた時の熱い想いや日々が蘇り、書かずにはいられなくなった本日のお話しでした。

最後までお読み頂き有難う御座いました!!

*************************************

\イベント開催のお知らせ/
申し込み受付中:2019年12月14日 石田ゆうすけさんを緑家にお招きして
【行かずに死ねるか!世界一周&行ってきたばかりのミャンマー旅】開催します!
詳細はこちらよりご確認いただけます。

*************************************

大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

大阪市城東区東中浜6-9-6
↑↑↑
スマーフォンから住所をタップすると
Googleマップが開きます

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA