海外ゲストさんがカップ焼きそばを買ってきたら・・

こんにちは。
ヨシ(@osakamidoriya)です。

本日は「ゲストハウスあるある」 カップ焼きそば編です。

そう、海外ゲストさんたちがカップ焼きそばを買ってきたら要パトロールです。

日本の人気の食べ物の一つにカップラーメンがあるんですが、多くのゲストさんがカップ焼きそばの存在を知らないんです。

つまり・・・カップラーメンを食べるつもりでカップ焼きそばを買ってきた。
そして作るです。

もしもパトロールが間に合わなければ大惨事。悲劇です。

過去何度も、微妙な表情をしながらソースラーメンを食べるゲストさんたちを眺め・・・
(違うんだ!! ホンマはめっちゃ美味いやつやねん!!)と心の中で叫ぶことに。

先日、夜食の用意をしているシンガポールゲストさんを発見。

今まさにお湯を沸かしている瞬間。
深夜のパトロール時間のようです。

「おおー焼きそばだね。作りかた知ってる〜?」と軽く確認を。
「ええ〜知ってるわよ。こっちからお湯を捨てるのよね。人生初めてのカップ焼きそばなのよー」

心配して友達も様子を見に来ました。

どうやら、完璧な下調べをして日本にやってきたようです。

一安心。

しかし、最後の湯ぎりを無事に見届けるまでは、世間話をしつつ見守りは欠かしません。

そして、彼女の人生初の湯切り。僕にとっても緊張の瞬間。

食後は「美味しかったわ!!」と満面の笑み。
また一つ、日本での思い出が出来たよう。

今夜も安心して眠れます。

もしも間に合わなかった時は・・

残念ながら、パトロールが間に合わなかった時の対応法は、お湯を捨てずにそのまま「フライパンで煮る」です。

「お湯とソースが混ざった状態で煮る」です。

ただひたすらに、水気が飛ぶまで全力で煮ます(約6〜7分ほど)。
ちょっと麺が柔らかくなってしまいますが、ソースラーメンを食べるよりは格段に幸せ。

紆余曲折がありましたが、僕たちが5年間かけて辿りついた一つの結論です。

大袈裟に書いてしまいましたが、大切なのは常にパトロールを怠らないことです。笑

素敵なカップ焼きそばの時間を楽しんでもらう為にも、これからも日々パトロールは続きます。
最後までお読み頂き有難う御座いました。

*************************************

大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

大阪市城東区東中浜6-9-6
↑↑↑
スマーフォンから住所をタップすると
Googleマップが開きます

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA