落ち込んで過ごす一日と楽しく過ごす一日。どちらも同じ24時間だから

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

本日もコロナウィルスにまつわるお話しを。

正直に言うと「この話題は避ける」って選択もありなんですが、それってゲストハウス運営の上っ面の良い部分だけを見せてるだけやんって気がするので、見て見ぬ振りではなく真正面からいきます。とは言えそんな小難しい話しはしませんよ。って言うかそもそも出来ないし。

さて、多くの宿泊施設が期待を寄せていた、閑散期の1〜2月に賑わう中華圏の旧正月。
この寄せていた期待が、コロナウィルス騒ぎで予約のほとんどが完全に吹っ飛びました。
それはもう見事なまでのキャンセルと言う名のパンチにつぐパンチ。ダウン寸前のボクサー状態。

なので、この数日は全く気持ちの上がらない時間を過ごしていたわけです。
宿泊施設などインバウンド業界に関わる多くの方が同じお気持ちだったんじゃないでしょうか。って言うかまだまだ現在進行形か・・。

しかし、嘆いても悪態をついたところで現状は変わるわけでじゃないです。そもそもこのコロナウィルスの影響は個人レベルでコントロール出来る性質の問題でもないです。

しかも、中国人ゲストさんから「日本の皆さんに迷惑をかけてはいけないから」とのキャンセルの申し出に、「そんなこと言わんと日本においでよ〜」なんて、現実問題として言えないですし。絶対に言うべきではないです。
だって日本旅行を誰よりも楽しみにしていたのは彼ら・彼女。そりゃ本音は「行けるなら行きたい」に決まってますもん。

さて、そこで。

となると、今僕たちは何をするべきか? を考えるのが現実的な方法。

はい。無理矢理気持ちを切り替えます。無理矢理にね。

そちらに意識を向けず、予約台帳を眺めて毎日「はぁ〜」と、ため息ばかりついても精神衛生上極めてよろしくない。
この状況は何か手を動かしていないと確実に病んでいきます。笑
でなくても、ゲストハウスオーナーって仕事柄、宿にこもりがちなのに。

そんな訳で、この猛烈に暇になってしまった今の間に春以降の仕込みをします。
気になっていた箇所の修繕やちょっとしたDIYなどなど。
そのほかにも色々と。

何ならちょっと旅行にでも行っちゃおうかなと。
会いたい人や気になっているお宿さんなどに伺うのも一つの手。
こうなれば何としても実りある時間にしないと勿体無いです。

落ち込んで過ごす一日と楽しく過ごす一日。どちらも同じ24時間です。
だったら前向きに。そして楽しんで過ごしたいですもんね。

で、これから何をするのか。何をしたのかは、追ってブログに記していきますので、ぼちぼち待っていてくださいね。
と、本日は生存報告と前向きな気持ちでいてますよー、のご報告でした。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA