「中華そば 花京 鴫野駅前店さん」惜しまれつつ閉店した京橋の名店が緑家の近くに再オープン!!


こんにちは、ラーメン大好きヨシです。

昨日、城東じゃーなるさんの記事で

緑橋駅のお隣の鴫野駅前に人気ラーメン店「花京」さんがオープンすると知り
ラーメン好きとしては居ても立っても居られず雨と掃除の合間にダッシュで行ってきました。

鴫野駅前の中華そば花京さん。

こちらの花京さんは以前、京橋で営業をされていた人気店でしたが

立ち退きで閉店→大正区へ移転。詳細は→こちら
その後、鴫野店オープンなので、以前からのファンだった人たちの喜びの声がツイッター上にも多数。

そして、初訪問のセオリーで看板メニュー「こってり背脂中華そば」を注文。

クセになりそうな、程良い濃厚スープにお店オススメの細麺(中華めん・細麺と選択可能)が絡まり
麺の茹で加減も好みのチョイ硬でよい塩梅です。

画像ではわかりにくいですが、チャーシューが多めに入っているのも嬉しいところです。
しかもこのチャーシュ、箸でつまむとくずれそうなくらいにトロトロ。

個人的リピート決定はもちろん、ゲストさん達への猛・猛・猛プッシュも決まりですね。笑

|もはや世界の通用言語の「ラーメン・Ramen」

日本だけに留まらず世界的にも人気のラーメン。
有名店の海外出店のニュースにも驚く事が無くなったほどになっています。

ここまで、認知度が上がると本場の日本でラーメンが食べたいと思う人が増えるのも自然な流れ。

食べ物なら
「イタリアのナポリで美味しいピザを食べに行って来た!!」

最近の例なら
「サッカーを観にロシアまで行って来た」
と似たような感覚ですよね(ちょっと大げさ・・かな)。

日本に来た目的の一つに、美味しいラーメンを沢山食べるんだ!! ってゲストさんも多く、中には「豚骨ラーメン」を説明をしなくても「Tonkotsu」で理解可能な海外ゲストさんもいて「醤油ラーメン」「味噌ラーメン」「塩ラーメン」は勿論、「つけ麺」まで。

「そこまで知ってるの?」とただただ驚きです。

|理由はズバリ「美味しいラーメンが食べたい」

「美味しいラーメン屋さん知ってる?」の質問は国内外を問わずゲストさんからとても多い質問。

日頃から暇を見つけては、ラーメン屋さん開拓に勤しむ宿主。
ところがこの、「ラーメン好きが個人的に美味しいと思った店を教えてるだけ」なのがとても喜ばれており、予想外にゲストさんの役に立っております。

面白いもんですよね。好きで食べ続けていたラーメンの情報が他人の役に立つとは。

ゲストハウスのように利用者との距離が近い形態の宿業は寝床を提供するだけではなく街の魅力を伝えるのも大事な役目なので

「お勧めのお店、美味しかったよ」って言って貰えると凄く嬉しくなります。

特に好きなものに関する情報は、仕事だから伝えるって感覚よりも

あそこにええ店あるよ!! そういえばこっちにも!! あっちにもあったわ!!となっちゃいます。

自分の好きな物や場所は、人に伝えたい・1人でも多くの人知って欲しいって、ついついなってしまうんですよね。

普段、待ち時間の関係上で超がつく有名店には行けないのが幸いしてか結果的に(特に海外ゲストさんからは)

「ガイドブックに載ってない地元の美味しいお店を知りたい」のニーズに合致しているような気がします。

随分と結果オーライな展開何ですがね。笑

でも、理屈抜きに、人に喜んで貰えるって嬉しいです。

そんな宿主の極めて個人的な日頃のラーメン活動は→こちらより

という訳で、これからもより一層ラーメン活動に励みます!!

**中華そば 花京 鴫野店**
大阪市城東区鴫野西5-15-5
Open 11:00-22:00 (9月からは24:00までの予定)
定休日:毎週月曜日

最後までお読み下さり有難う御座います。

 

大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

あなたにとっての「ただいま」が言える場所に
地域の住人になった気分を味わう
そんなあなただけの大阪を見つけるお手伝いが出来れば嬉しく思います

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

ご予約・空室確認はコチラ

1972年生まれ。緑橋のとなり街出身。オーストラリアでのワーキングホリデー生活をきっかけに海外旅行に明け暮れた20代。

オセアニア・ヨーロッパ・アジア・中南米・アフリカなど通算で旅行期間は約4年間・訪れた国は約80カ国。

有名観光地も好きですが、生活感のある下町の食堂や商店で住人気分を味わうそんな旅が好き。

帰国後、植物を扱う会社に勤めること10数年。やっぱり旅に関わる事がしたい!

と決意し様々なご縁に導かれて緑橋でのゲストハウス開業になりました。休日は自転車旅行や日本一の宮巡りにはまり中。

旅を通じて得た経験・出会いなどへの感謝の想いを旅への恩返しとして、それらがあなたの一歩を踏み出す勇気やきっかけとなれば嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA