「あべのハルカス美術館で体感せよ!」| 太陽の塔展示会に行って来ました 〜猛烈にお勧めです〜

こんにちは。
ヨシ(@osakamidoriya)です。

週末は大型の台風24号で大荒れの予報です。関西方面へは日曜日に通過する予報が発表されており、沖縄通過後は一気にスピードがアップして列島縦断の可能性もあるとの予報です。

前回の台風21号とほぼ同じ強さとも言われています。皆さま、どうぞご用心下さい。

「あべのハルカス美術館で体感せよ!」太陽の塔展示会

先日掃除の合間を見計らいダッシュで行ってきました。

いつもの事ながら、こういう時の掃除をするスピードは早いです。笑
(勿論、手抜きは無しですよ)

何度でも言います「なんでやねーん!!」じゃ無いんです。涙

はい。それはさておき、昭和45年に開催された大阪万博のシンボルである太陽の塔が、耐震補強工事などを終えて今年の3月より一般に内部公開されています。

緑家に来てくれるゲストさんの中にも

「実は、今日見に行って来んです」との声がとても多くずっとずっと気になっているのです。

でも、現在は週末を中心に超がつくほどの人気。加えて要事前予約。気がつけば半年が経過し、そろそろ行こうかなーなんて思っていたら。

あべのハルカス美術館で太陽の塔の特別展開催の知らせ。

そして、それを皆さんにお伝えすべく行って来たわけです。

展覧会「太陽の塔」の大きな見所

・初代黄金の顔が観れる

万博当時のあの「初代・黄金の顔」が至近距離で見れます。

間近で見る黄金の顔の大きさ(直径11M)に圧倒されます。

因みに、現在太陽の塔に設置されているのは2代目です。

・当時の地下空間や太陽の塔の内部が模型で見れる

▶︎地下展示「いのり」

会場では再現された「地底の太陽」の原型も展示されています。

で、この「地底の太陽」が万博閉幕後の混乱の中で行方不明になったていたそう・・・。

実際に、見ると「これが行方不明になるってどんな状況やねん!!」と突っ込みたくなるほどの大きさです。

▶︎太陽の塔内部の模型

再現模型ですがその細部に至るまで繊細に再現されています。

ゆっくりと内部を(模型ですが)見たのは初めてなのですが、これは確かに現地で原寸サイズで、そして立体的に見たい!! と内部見学に行きたくなる事は確実です。

両手(?)の内部も含めてエスカレターが設置されており上部まで見学が可能になっていたとは。

しかもこれらが約50年前のデザインに施工。ただただ驚きです。

「芸術は爆発だ!!」の名言が有名な故・岡本太郎さん。ちょっと(かなり?)変わった方との印象をお持ちの方も多いと思います。

が、実際にはとても繊細かつ緻密で、それでいて凡人には理解の及ばない突き抜けた感性と情熱の持ち主だったんですね。それはそれはスケールの大きな方だったんだなーとただただ関心するばかりです。

アートは理屈ではない分野なので、アートな感性ゼロの私の言葉はこの辺にしておきます。笑

まさに芸術の秋に相応しいお出かけ先と、アート感性ゼロの宿主ですが強く強くお勧め致します。

なお、入場券は現地でも購入可能ですが、週末などは混雑が予想されるのでネットなどからの事前購入をお勧めします!!

展示会「太陽の塔」詳細はこちらより

最後までお読み頂き有難う御座いました!!

 
大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

あなたにとっての「ただいま」が言える場所に
地域の住人になった気分を味わう
そんなあなただけの大阪を見つけるお手伝いが出来れば嬉しく思います

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

ご予約・空室確認はコチラ

1972年生まれ。緑橋のとなり街出身。オーストラリアでのワーキングホリデー生活をきっかけに海外旅行に明け暮れた20代。

オセアニア・ヨーロッパ・アジア・中南米・アフリカなど通算で旅行期間は約4年間・訪れた国は約80カ国。

有名観光地も好きですが、生活感のある下町の食堂や商店で住人気分を味わうそんな旅が好き。

帰国後、植物を扱う会社に勤めること10数年。やっぱり旅に関わる事がしたい!

と決意し様々なご縁に導かれて緑橋でのゲストハウス開業になりました。休日は自転車旅行や日本一の宮巡りにはまり中。

旅を通じて得た経験・出会いなどへの感謝の想いを旅への恩返しとして、それらがあなたの一歩を踏み出す勇気やきっかけとなれば嬉しく思います。

こんな記事もおすすめ

“「あべのハルカス美術館で体感せよ!」| 太陽の塔展示会に行って来ました 〜猛烈にお勧めです〜” への1件の返信

  1. 台風で大荒れになりそうですが、新幹線降りたら、あべのハルカスに直行します。タイムリーな情報をありがとうございます????

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA