宿泊施設を探す時のヒントと口コミを読む時のちょっとしたコツ

こんにちは。
ヨシ(@osakamidoriya)です。

昨日のホームセンター巡りで買って来たモノの取り付けや手直しに励んでいた本日。その成果を今日のブログにあげるんだ!!と張り切っておりましたが、先ほどホステルワールド(海外のゲストハウスが中心の予約サイトです)に嬉しい口コミが入ったので本日は急遽そちらのお話しを。

▼気になる口コミの内容

原文は英語ですので、ザクっと日本語に訳しますね。原文を英語で読みたい!!って方はこちらから。あっ、多少の訳し間違いなどは目をつぶって下さい。

「私たちは本当にこの場所が好きです。少々中心地から離れてはいるけれど、静かな住宅地には色々とする事もあります。そして、オーナーは私たちが旅行中で会ったホストの中で一番で毎晩、他の旅宿泊客との時間がとても楽しかったです。」

やはり、良い評価を頂くのは純粋に嬉しいですし、自分たちが提供したサービスがゲストさん達に本当の意味で受け入れられた証しだと素直に受け止めています。旅行中、彼らの貴重な時間を割いてまで私たちの為に投稿してくれるのですから。

▼で、私たちが競う場所って?

僕たちのような小規模施設は設備面などお金のかかる部分では、中・大規模ゲストハウスやオシャレ系ゲストハウスとは競えません。

では、我々小規模施設はどうするのかとなると、やはり人なんです。実際、小規模施設のオーナーさんの多くは私も含めて旅好きで開業に至ったって方も多いです。

ここが、皆さんが宿選びに困った時のヒントになる訳です。

設備面を重視するケース。例えば、受験など翌日に大事な用事を控えており、ゆっくりと休みたい場合は前者になりますよね。

逆に後者は人との会話を楽しんだりオーナーさんやスタッフさんとの近い距離を好む方。観光や用事が終わり宿に戻ってきてもまだ1日が終わらない、そんな時間を過ごしたい時なんかは我々のような場所ですね。

「ホテルはゆっくりと休めて良いんです。でも自分の部屋に戻るとそこで1日が終わってしまい寝るだけになってしまうけど、こういう楽しみ方もあるんですね」と言う声は時折り頂きます。

▼口コミを読む時のちょっとしたコツ

上記のポイントを参考に候補を複数ピックアップして、次の段階で口コミやSNSの投稿をチェックする。こうすると少し探しやすくなる気がしませんか。

特に設備面への評価とスタッフさんへの評価は求めている(重要視している)ポイントの見分けのヒントになるかと思います。他の旅行者さんとの交流を求めている方か、1人静かに時間を過ごしたい方か、と言うとより明確になりますね。

最近では、グーグルの口コミ機能が充実しており、マップと連動もしているので検索時に使い勝手が良く重宝しています。やや信頼度に難のある口コミサイトなどと比較するとグーグルの口コミは公平性が保たれている印象です。

ちなみに、最近は見るだけではなく投稿する事も心がけています(本当に最近ですが・・)。

▼まとめ

料金・設備・スタッフ・立地。ゲストさんたちによって、重要視するポイントや求める内容は違いますので、残念ながら万人受けするゲストハウスを作るのは難しいです。正直無理なんじゃないかなと考えています。

ですので、日頃の発信では良い口コミを貰いました!! 皆さんみて下さい!! とアピールをしている訳ではなく、私たちの場所はこんな所ですよ。皆さんが求めているニーズと一致していますか?と知って頂く、そんな気持ちを込めてた投稿を心がけています。ミスマッチを防ぎ共に楽しい時間を過ごす為に。

あっ、でもほんの少しの自慢はあるかも・・。笑

とまぁ、そんな感じで皆さんのお宿探しに少しでも役立てば嬉しいです!!

最後までお読み頂き有難う御座いました!!
大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

あなたにとっての「ただいま」が言える場所に
地域の住人になった気分を味わう
そんなあなただけの大阪を見つけるお手伝いが出来れば嬉しく思います

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

ご予約・空室確認はコチラ

1972年生まれ。緑橋のとなり街出身。オーストラリアでのワーキングホリデー生活をきっかけに海外旅行に明け暮れた20代。

オセアニア・ヨーロッパ・アジア・中南米・アフリカなど通算で旅行期間は約4年間・訪れた国は約80カ国。

有名観光地も好きですが、生活感のある下町の食堂や商店で住人気分を味わうそんな旅が好き。

帰国後、植物を扱う会社に勤めること10数年。やっぱり旅に関わる事がしたい!

と決意し様々なご縁に導かれて緑橋でのゲストハウス開業になりました。休日は自転車旅行や日本一の宮巡りにはまり中。

旅を通じて得た経験・出会いなどへの感謝の想いを旅への恩返しとして、それらがあなたの一歩を踏み出す勇気やきっかけとなれば嬉しく思います。

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA