「コスプレ撮影x古民家」ゲストハウス緑家がコスプレイヤーさんを歓迎する理由

こんにちは。
ヨシ(@osakamidoriya)です。

僕たちがゲストハウス緑家を始めた2015年。

昔の旅で得た様々な経験が色々な意味で土台となり、この仕事を始めました。
かつて、旅の途中で受けた親切・優しさを今、旅する人たちへ恩返しがしたい。

道に迷った僕を目的地まで案内してくれた人。
1人で心細かった時に、優しく笑顔で安心感を与えてくれた人。

二度と訪れることが無いかもしれないであろう通りすがりの外国人旅行者である僕に優しく接してくれた人たち。

当時、お返しが出来なかった人たちへの代わりに、現在旅をしている人たちへお返しをしよう。
そのような思いで5年前に始めたのがゲストハウス緑家です。

「旅宿」

良い意味でも悪い意味でも旅への想いが強かった僕です。

物事に対してこだわりを持つことは大切だと思います。
ただ、僕の場合はその想いが少しばかり強過ぎたのかもしれません。

何故急にそんな話しを書き出したのか。
その理由が冒頭のツィッターへの投稿。

リピーターゲストさんから頂いたお勧めとヒントを元に、1年前より始めた主にコスプレイヤーさんを対象としたデイユース(日帰り)のサービス。
ゲストハウス緑家の和室や坪庭で、コスプレイヤーさんたちに撮影を楽しんで貰おうという新しいサービスです。

当初は本当に喜んで貰えるのかなーと懐疑的でした。

というのも、僕の周囲にコスプレイヤーさんがいなかった事もあり全く未知の世界だったから。

でも、少しづつご利用頂く方が増えるにつれてこの建物やお部屋の持つ暖かさを褒めてくださる声を頂くようになりました。

そして、その中で僕の考えが決定的に変わるに至ったのは

「利用中、皆さんの楽しそうな笑い声」を聞いた時。

誇張でもなんでも無く、皆さんが楽しそうに時間を過ごしてくださっていることにちょっとした衝撃を受けました。

ああ、こんなにもこの空間で楽しい時間を過ごしてくれる人たちがいるのなら、宿泊に拘る必要は無いんじゃないのかって。

ゲストハウス緑家を利用する人は、全て旅人でなければダメなのか?

僕たちに、誰かが楽しい時間を過ごすお手伝いが出来るのなら、その目的を僕たちが限定する事に意味があるのか。
そう思い始めると、凝り固まっていた僕の考えがいかに小さなことであったのかを感じ初めて来たんです。

ならばもっと多くの人に知って頂きたい。
そうすれば、1人でも多くの方のお役に立てるのではと思い専用のウェブサイトを作ったのが昨年の夏。

そして、本日初めて宿泊+コスプレ撮影のお客様がゲストハウス緑家に起こしくださいました。

もちろん、このブログを書いている今もゲストさんたちの笑い声が聞こえてきます。

この家で響く笑い声。

その笑い声と共に、幸せな時間が過ごせる事に感謝。
決して忘れてはいけないこの想い。

*************************************

大阪市城東区・ゲストハウス緑家
大阪城近くの緑橋にある夫婦2人で運営する下町の小さな古民家宿です

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

大阪市城東区東中浜6-9-6
↑↑↑
スマーフォンから住所をタップすると
Googleマップが開きます

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA