ゲストハウスオーナー新年会がツイッターのオフ会でもあった昨夜

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

昨日、ゲストハウス緑家はお休みを頂き毎年恒例の住吉大社へ新年のお参りへと行っておりました。

そう、住吉大社へは断然にチンチン電車派の僕(正式名称:阪堺電気軌道)。

早くて便利な、南海電車も便利で良いのですがのんびりガタゴト揺られている心穏やかに過ごす贅沢なあの時間が好きなんですよ。
神社にお参りする前に心を整えて落ちつく為の、僕なりのルーティーンのようなもの。ちょっと大げさか・・。

この阪堺電気軌道は、お正月の三が日や連休時はとても混雑します。なので、お参り前に心を穏やかに整えたい方は・・・お気をつけ下さいね。

無事新年のお参りを済ませた後は・・・所用で京橋へと。

所用ってなんの事はない。昼呑みがしたい・・・だけ。お参りのあとですからこうなるわけです。

さすがに神社へのお参り前に呑むわけにはいかないです。
お酒大好きの僕ですが、なんかうしろめたい気分になっちゃうので。

で、良い感じに心と体を暖めた後は、お誘い頂いておりました新年会へと。
いつもTwitterで僕と遊んでくれているちえりちゃんが、ゲストハウスオーナーさんに呼びかけて開催してくれたんです。

写真左から時計回りに
ちえりちゃん、Guesthouse YoursOsaka Hostel kai-邂-Bon Fire Hostel、僕、伊勢ゲストハウス紬舎(つむぎや)、Beehive Hostel Osaka宿カフェ チェルシーズ レインボウ のオーナーさん。

宿泊業って定休日があるような無いよう業種って一面があります。休みたい時・もしくは予約が途切れたらその日はお休み。
まぁ少なくとも僕たちはそんな感じで運営しています。

ましてや、自ら現場に立ちゲストさんと顔を合わせているオーナーさんたち。
そんな、集まりにくい業種かつ運営形態の人たちを集めちゃうちえりちゃん。
いやはや、行動力の塊。脱帽です。

ちなみに、僕は皆さんと面識があった訳ではなく半数以上のオーナーさんとは初対面。
ただ、ツイッターを通じて会話をしていたオーナーさんがおられたりと、お互いの存在は認識しておりました。

ゲストハウスオーナー新年会でもあり、ツイッターのオフ会でも会った昨夜。

皆さんの日々の投稿・発信を見ながら、想像力豊かに人物像をふくらませていました。が、ほぼイメージ通りの優しいゲストさん思いの方々。
そりゃあ、ゲストさんからも愛される人気宿なはずだわ。と、これが偽らざる正直な感想です。

皆さんのお気に入りのお店って、どこが好きで通ったりしていますか?

業種を問わずに小さなお店って「宿への評価=オーナーさんや働くスタッフさん」っていう要素が大きい気がします。
勿論、飲食店なら味や値段など。あるいは立地。それらが一つの基準ではあります。
が、僕はそこにプラスしてお店の方との相性ってのが、かな〜り大切だと思うんです。あと、そこのお店に集うお客さんたちと僕の相性とかも。

少なくとも僕たちが利用者としてお店を決める時の基準はこんな感じです。

難しい経営論とかは分からないんですが、僕たちが宿を運営する上でそのあたりにはとても気をつけて(でも無理せずそこは自然体で)います。

お店の数だけやり方があり、オーナーさんのポリシーがあり、僕たちはそれに共感したお店を好きになり、そして通う。ただそれだけです。

勿論、気配りや細部へのこだわりなどは大前提として。
きっと昨夜お会いした皆さんもゲストさんたちから「オーナーさんと波長が合うんだよなー」とか「なんだかほっとして落ち着く」「安心感がある」などのお声がたくさんなんやろうなと思います。
なので、色々とSNSなどで気になっている方(お店)にはどんどん会いに行こうと思った次第。

そのほかにも、ここには書ききれないほど自分に足りていないものへの発見などがありました。
そして、今年はそれらを実践する一年にする。と自分に言い聞かせてここに記しておきます。

自分の中だけの事にしてしまうと、体良く逃げ出し・やらない事の言い訳を自分にしてしまいそうなので。
一月の半分が過ぎましたが、今年の目標はこれだなと再認識した実り大き昨夜なのでした。

ちえりちゃん、昨夜はほんまに有り難うね〜。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA