肩の力を抜いて楽に過ごせる時間

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

この日までの4日間がとても不思議な(でも心地良い)毎日だったので備忘録がてら書きます。はい、完全な独り言です。

月に2〜3回のペースでゲストハウス緑家を出張時に利用してくれるリピーターさんがいてるんですね。
で、仕事を終えて緑家に帰ってくるのが、いつも19〜20時。なので彼とは晩ご飯を食べる機会が多く、先日もそのようないつも通りの夜。
そこに、大阪の心斎橋にあるゲストハウスの現役スタッフのリピータさんが泊まりに来てくれ、だったら皆んなで晩ご飯食べましょう!となったところに

僕たちが日頃、親しくさせて頂いてる奈良の『遊山ゲストハウス別館』のオーナーさんからご紹介頂きましたーと、泊まりに来てくださった女性ゲストさんが加わり急遽シェア飯に。
(シェア飯=皆んなで実費割勘で食べる晩ご飯のこと)

緑家に泊まりに来て下さった方はご存知だと思うのですが、緑家では毎夜毎夜ゲストさんと一緒に晩ご飯を食べて酒を飲み交わし語らうってスタイルではなく、たまにはそんな夜もあるよね。って感じでやっています。

ちなみに、僕自身はゲストさんと晩ご飯を食べるが大好きだし、お酒を飲むのも大好き。勿論、お酒を押し付けたりはしません。
(なのでご希望の方は遠慮なく教えてくださいね!! 恥ずかしがらずに一緒にご飯を食べましょねー。)

で、ここからが本題。

その出張ゲストさんと遊山ゲストハウス別館さんからご紹介頂いたゲストさんが、「今から帰りますんで、30分くらいで緑家に着きます」って毎日毎日僕に電話をくれるわけ。

そうやって連絡を貰うと、僕も嬉しいから「今日の晩ご飯は鍋にするからね」とか「今晩はお好み焼きやでー」と昔、母親が僕にずっとしてくれていた時のようにせっせと晩ご飯を作っていたんです。

自分でいうのも変ですが、僕は料理がまぁまぁ得意な方。

そして、3人揃って笑顔で「頂きますー!!」と手を合わせている食卓の姿が、なんだか家族の景色というかそんな気分に。

ちなみに彼女、これが緑家のいつもの景色だと思っていたそう。笑
そら、初めて泊まりにきたゲストハウスで毎晩一緒にご飯を食べていたらそう思っても不思議じゃないですよね。

ちなみに、彼女。先日のブログ
宿泊予約サイトで清掃料金が追加で発生する件について知って頂きたい事』に出てくるゲストさん。

その影響もあったのか、最初は(初めての場所に緊張していただけかもですが)やや元気が無いのかなーとも感じられましたが、いつの間にか笑顔を取り戻し緑家ファミリーとして過ごしてくれました。

意見は人それぞれ違いますが、僕はやっぱり誰かと食事を一緒にするのが好きだし、楽しいなーと本当に思います。

会話のテーマは、今日の出来事や自分が好きなもの。時に夢の話だったりと。勿論、他愛の無い会話になる時もあります。でも、そんなんが意外に面白かったりするから不思議。

ゲストハウスに来たからとか、旅行中だからって特別な事をする必要もないし、特別な振る舞いで格好良く見せる必要もないですし。
っていうか、お互いの日頃のことを知らないからこそ、逆にリラックスできるのだと思います。

仕事をしていると、そうも言ってられない時があるのも事実。
だから、旅行中くらいは自分を大きく見せる必要も無いし、背伸びをしなくても良いと思っています。特に食事中に、そっち(格好良く見せよう)に意識が行くと味もわからへんし会話も楽しめない。

肩の力を抜いて楽に過ごせる時間。これこそが旅の魅力かなと改めて感じた4日間でした。

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA