誰かが決断しなければいけない

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

先日目にしたニュースでの、大阪府知事の会見での言葉で

「迷いはあるが、いまの状況が続けば、日常生活にも大きな支障が出てくる。新型コロナウイルスの特徴や感染拡大を抑える条件が分かってきており、社会経済活動を徐々に元に戻す時期に入ったと判断した。誰かがしなければいけない判断だ」

詳しくは下記のリンクより読めます。

新型コロナウィルスの影響で休校が続く大阪府下の小・中・高校がどうやら来月から再開するよう。
この決定には賛否、様々な声が上がる事が予想されるが、現実的にはいつまでも休校している訳にもいかない側面があるのかもしれないです。(勿論、安全が確保された上での再開が前提条件なのだろうけど)

どこかのタイミングで誰かが(この場合は大阪府知事になる)決断をしなければいけない。
多くの人たちが、日常生活への支障をきたしており、さらには我々のような小規模事業者にとっては抜き差しならぬ状況であるのもまた事実。

安全を叫べば日常生活に支障をきたす。
かといって、経済優先で安全をおろそかにすることも出来ない。

全く痛し痒しの状況だ。

僕たちの例で申し上げると(小さな話でごめんなさい)、先日お知らせした「卒業旅行応援プラン」。
実はこのアイデアは3月上旬には考えていたのだけれど、このタイミングで旅行を促すような事をするのは不謹慎なのかな・・。

あるいは、世間からひんしゅくを買うじゃないだろうか。と、どうすべきなのかを迷っていたのです。
今は自分たちの事よりも、全体を優先すべきなのか。などなど。

迷いはあったものの、最終的にプランを発表すると決めた理由は「困っている人のお役に立てるから」です。
これで、反対意見が出れば(引っ込めるつもりはなかった)それは仕方がない。

何事にも賛否はつきもの。万人が納得する決断などこの世の中には存在しないのだし。

冒頭のニュースによると、一定の条件を満たす大阪府所有の施設は21日以降に再開する決定がなされたそうです。
きっとこの決断にも、様々な声が上がるでしょう。
だからと言って、いつまでも閉めている訳にもいかない。

僕たちに比べるとはるかに大きな決断です。
それでも、誰かがしなければいけない。

皆さんの身の回りでも大小さまざまな決断が迫られる事が増えてくるのかもしれません。
繰り返し申し上げますが、冷静に状況を判断して決断・行動をしましょう。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA