僕たちも知る努力を

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

日経のニュースで気になったこれ。

テナント賃料猶予を要請 ビル所有者に通知

つまり、政府がビルオーナーに「テナントさんが大変なので家賃を減額してあげてね」って要請するって事。

ゲストハウス緑家も大家さんからお借りしてゲストハウスを経営しているので、この苦境にあって家賃の減額はめちゃめちゃ助かります。
でも、大家さんもボランティアでやってるわけじゃない。

昔ながらのザ・地主さんなら多少はご相談の余地はあるかもしれない。
けれど、不動産投資で所有しているビルオーナーはどうなんやろう。

ふと思うわけです。

まぁ、多くの人のイメージはビル(不動産)オーナーって金持ちやねんからちょっとくらい堪忍したれやと思うでしょう。
実際、僕もめっちゃそう思います。
っていうのが、それがぶっちゃけ僕を含めて借りてる側の論理。

では、オーナーさんはどうなのか。
余力度合いで言えば、オーナーさんに軍配は上がるケースが多そうだけれど、それを政府が要請するってのはどうなんだろう。

僕の知人に不動産投資をしている知人がおりまして、
知人はいわゆるザ・地主とかではなくご自身でリスクをとって不動産所有を増やしている。(つまりめっちゃ借り入れを行っているわけです)
そこに政府からの要請。

簡単に受け入れられるわけが無い事は容易に想像がつきます。
(もちろん、余裕のある方は受け入れてくれるでしょう)

オーナー・テナントもそれぞれです。

僕が言いたいのは「それぞれのポジションで意見は別れる」です。
一番望ましいのは商売繁盛してお家賃を払うこと。
が、このような状況では、両者が話し合い折り合いをつける以外にないのかと。

事実、お家賃の交渉を現在進行形でされている同業の方は多数おられます。

今日発表された、各家庭に布マスク2枚配ります。って事も疑問に思うところもありますが、そこに文句をいう時間とエネルギーを他の情報収集に充てるよう自分に言い聞かせます。(最もマスクを必要としている医療関係者の方に少しでも多く届く事を願っています)

首相官邸ホームページに、健康への心配、売上げ減少への不安など「困りごとや不安」に関する関連情報が掲載されていますので、必要な方はご確認ください。

僕たちは今までに経験をした事がない、未曾有の混乱時を生きています。だからこそ政府にはリーダーシップを発揮してしっかりとして頂きたい。
無論、不平不満ばかりを述べる気はない。
窮状を誰かのせいにしたところで問題が解決する訳でもないので。

だからこそ、僕たちも知る努力をしないといけない。
立場が違えば意見も変わります。大切なのは、受け身にならず自分から行動して情報収集を行い判断する習慣を身につけなければいけないと、このニュースに触れて思った次第です。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA