こんな時だからこそ周囲の方々に優しさを

こんにちは。
大阪ゲストハウス緑家のヨシ(@osakamidoriya)です。

今、凄く迷っています。

先日お知らせしたゲストハウスとしての営業は一旦休止する、とのお知らせにです。

大阪府にも緊急事態宣言が発令され、現在は新型コロナウィルスの感染拡大防止に極めて重要な局面です。
その観点から、大阪府に限らず営業を休止している店舗さんが多くおられます。

一方、一部の宿泊施設では一日の受け入れ組数を制限するなどの工夫や制約を設けて営業を継続されている施設さんもあり対応は様々に別れています。

僕たちゲストハウス業界に関して申し上げると、
現状旅行目的で、大阪や東京を訪れる方はほとんどおられないでしょう。
しかし、止むを得ず仕事などで遠方に出向かなければならない方。就職内定取り消しによって急遽住まい探しを強いられている方々など。
理由は違えど、滞在する場所を必要としている方々がおられるのもまた事実。

社会のインフラを担う宿泊施設という役割を考えると、休業・営業継続のどちらが正解なのか分かりません。
ただし、ゲストハウスという性質や役割(求められているもの)を考慮すると・・。
きっと正解はないのでしょう。

皆さんそれぞれに考えて迷い、多くの葛藤と向かいあった上での判断であります。
僕は、それに対して物を申すつもりはありません。例え異なる決定でも、僕は皆さんの判断を尊重します。

そして今、ブログを書きながら皆さんのお仕事(会社)はどうなのだろう。
お休みされているのか。不安を抱えながらも会社に行かざるを得ないのか。など、思いを巡らせています。

お仕事がお休みになる事で得られる安心感は確実にあります。一方でお給料の心配など別の心配が発生してます。
また、都市部にお住いの方は、通勤電車に乗車しなければならない不安感と隣り合わせの日々です。

電車の中では会話をする人は少ないので、感染リスクは低いのでは・・との意見がありますが、だからと言って不安感が薄れる訳ではないはず。

それぞれが抱えている不安感は、会社員・自営業者を問わず様々。これらは、人の数だけ異なり、ましてや

「自分の方が不安だ」
「自分方が困難な状況にある」

など、誰かと不安感を競うなどの性質ではないです。

だからこそ、自分と意見が異なる対応をしている方の決断には賛成が出来なくても、非難の言葉を投げつけるような事はしたくないのです。
今僕たちに求められているのは、異なる対応をとっている人たちの対立ではなく、各自が出来る範囲で感染拡大防止に協力することだと思うのです。
自分と同じようにするべきだなどの意見を声高に叫んでも問題や不満は解決しないです。

今はストレスや心理的な負荷がかかる時間です。
いつもなら受け流せる事が、うまく対応出来ないケースもあるでしょう。

でも、だからこそ。こんな時だからこそ周囲の方々に優しさを持ち続けなければ。
偉そうな事を書きましたが、僕はまだまだ未熟なところだらけの人間です。

そう思えば、この状況でも学ぶ事はあるのだなと感じた本日でした。

*************************************
・20時以降〜レイトチェックインプラン受付中

・和室・古民家でのコスプレ撮影が可能な場所をお探しの方へ

・【1日1組限定/最大11名宿泊可能】大阪城近くの古民家を貸切り・独り占めをしたい方へ

大阪ゲストハウス緑家
ー旅する人が「ただいま」と言える場所を。

06-6167-5979
↑↑↑
スマーフォンから電話番号をタップすると
直接発信可能です

日常のつぶやきはTwitterにて
緑家からの景色はInstagram

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA